教育に専念している兵卒から身を起こすビジネスマンのグエン・ティエン・ルアン博士

教師の日とする11月20日の機会に、人生と同士の恩を返すためにグエンチャイ大学を設立した元兵士であるグエン・ティエン・ルアン博士に心からの感謝を送りたいと思う。

青春は第5軍事戦線に:

グエンチャイ大学のすべての学生または卒業生は、私たちの尊敬する学長の青春物語について少なくとも一度は聞いたことがあるでしょう。グエン・ティエン・ルアン博士の青春は同士が英雄的に戦い、国が平和で独立できるよう命を失った戦場にいていた。 そして、学長自身にとって無事に戦争から戻れるのが幸福であるだけでなく、自分の夢と犠牲になった同士の夢のために献身し続ける機会でもある。

 

献身するという燃えるような夢を持っている戦争の後に戻れる学長は国から勉強のため、ドイツに送られた。帰国後、博物館、新聞、美術の分野で仕事をした。 学長は上級管理職に成長する多くの機会を持っていたが、国内外での美術展のおかげで兵士を成功したビジネスマンに変えた。

 

同志の恩を返す抱負

そして、学長が長年の努力で強い決意を持って、2008年2月5日、グエン・ティエン・ルアン博士の熱意と熱望に満ちたグエントレイ大学を正式に創立できた。ビジネスマン・経済専門の博士のようなグエン・ティエン・ルアン博士は他の部門を投資すれば効率的な利益を徴収できるが、学長は自分の熱心を生徒たちに捧げる。このことは、母国の教育部門の改善と向上に貢献する機会を自分自身に与えることでもあり、永遠青春の同志の夢を実現したいことでもある。

学長は「私の最大の願望は、軍事の同志の恩を返すために生きている。私の最大の意欲は、生徒が教師より早く成功できるように助ける。私の人生の最大の報酬は、生徒たちの成功である。」と発表した。おそらく、これらは学長が学生に送りたい心からの言葉でしょう。

大学を設立するのは難しく、それを「ベトナムと地域のトップ大学の一つになる」ために発展させることはもっと難しい。学長にとって最大の懸念は、卒業生が100%就職できるようどうすればよいか。なぜなら、学長によると、「卒業してから仕事を探せないこと、なんだろう?」 学長は卒業生が仕事を探せないのが教師のせいだと認識している。したがって、大学の門を出るときに学生が着実に歩けるよう良い方法を見つけている。

グエン・ティエン・ルアン博士と教育:

卒業生がすぐに仕事を見つけられるように解決策を見つけたいと長い間考えていた後、ルアン学長はグエンチャイ大学の教師たちと一緒に2013年度から「デュアルトレーニング」モデルを採用していた。 これにより、大学が各企業と協力し、学生を教育したり、実際に企業で実習したりする活動である。 これは学生にとって非常に効果的で有用であるプログラムと考えられて、理論と実用にアクセスでき、実践的なスキルを磨く機会を学生に与える。このモデルを適用することにより、学長の最大の希望は、卒業生が100%就職できるのを手伝う。

10年以上の運営を経て、傑出した結果を促進し、今後数年間にルアン氏と大学の理事会とともに、「グローバル公民育成を投資する先駆者!」「日本企業と韓国企業をはじめ外国企業を高質人材を提供する」の現在の傾向を把握するための新しい方向と目標を設定した。

この目標を実施できるため、グエンチャイ大学の教職人と学生が創造力を磨く必要があり、現地留学教育モデルを展開し、有名な日本大学・韓国大学と連携しスタートアップ、人工知能、情報技術、インダストリー4.0、デジタルテクノロジー、バイオテクノロジー、オートメーション、デザインなどの関連する新たな分野を設立する。または、早急にハノイ市ハドン区に面積34ヘクタールの規模でスマート国際大学都市を投資・建設する。

若者に知識とライフスキルを伝える責任を負う ルアン学長は、毎日、この責任をうまくに実施できるよう教育の成功に専念している。 学長が引き続き母国の教育に専念できるため、学長にご健康を願っている。

グエン・ティエン・ルアン博士のいくつかの写真: