韓国のプサンのデザイン評議会はグエンチャイ大学と交流オフィスを開設することを打ち合わせ

2019年9月16日の午後にグエンチャイ大学は、韓国のプサンのデザイン評議会が、本学の第2キャンパス(No. 266-Do Can-BaDinh-HaNoi)に交流オフィスの開設についての打ち合わせに出席することを歓迎した。

打ち合わせの出席者は以下の通りだ。

グエンチャイ大学側:

  1. 博士 グエン・ティエン・ルアン – 取締役会長兼学長
  2. Park Sang Shik様 –元在ベトナム韓国総領事館の領事長兼グエンチャイ大学の副学長
  3. 建築家・博士ゴ・ゾアン・ドック‐ 副学長
  4. 博士 チン・タイン・ビン - CEO
  5. グエン・ザ・ビン氏‐応用美術部の部長
  6. 修士 チャン・ティ・ラン - 国際協力部の部長兼国際学部の副部長

プサンのデザイン評議会側:

1.  Kang Kyungtae様 – 会長

2.  Park Jae Hyun様 –副会長

3.  Bae Ki Beom様 –副会長

4.  Um Su Hyun様 –管理係員

5.  Yoon Jangwon様 –プサン設計院の院長

6.  Kim Bumjoon様 –プサン設計院の副院長

今回の打ち合わせで、グエンチャイ大学と韓国の各組織・企業との協力関係がどんどん広げる。そのため、学生さんに多くの学習・仕事の機会を齎す。

写真: