「インターンシップ」-日本の魅力的な給料ありの実習プログラム

2019年1月26日、グエンチャイ大学(NTU)は海外人材開発推進機構‐OMDOと日本インターンシッププログラムに関する協定調印式を行った。この協定により、NTUの学生に日本へ行く道を齎す。

日本と韓国の企業向けの質が高い人材を教育し、提供する戦略により、学生方々が大学時代に国内外企業で働く機会を与える。外国語を集中に勉強してから日本・韓国・シンガポールなどのインターンシッププログラムを参加し、一ヶ月毎に魅力的な給料約1,000万ドン~3,500万ドンを貰える。

OMDOの代表者中島稔様とグエンチャイ大学の学長グエン・ティエン・ルアン様はこの協定を調印した。これにより、2019年からグエンチャイ大学は学生に70職業で日本インターンシップを行かせる。

調印式の写真: