グエンチャイ大学がシンガポールのバーミンガムアカデミー(Birmingham Academy)を訪問

10月18日にグエンチャイ大学はシンガポールのバーミンガムアカデミー(Birmingham Academy)と2つの大学間の学生交換協力の調印に関することについて会議を行った。 本大学の国際協力部長のチャン・ティ・ラン氏と経済学部の副学部長のチャン・トィウ・ハン氏が出席した。

会議の内容は、双方の適切に協力活動を促進するため、双方の詳細な情報を交換した。 バーミンガムアカデミーは、系統的かつ科学的な教育方法を備えた最先端の民間教育機関だ。 多くの学習者向けの短期、長期、柔軟な教育プログラムがある。 また、会議中に、今後数年でエリアの各国の学生をグエンチャイ教育エリアで勉強させる問題についても議論した。 双方は、2つの学校間の協力を促進することに同意した。

バーミンガムアカデミーは、シンガポールの私立教育部門における最高の教育機関だ。 カリキュラムは系統的かつ柔軟で現代的である。 学生の寮とアルバイトの最大のサポートをする。 これらは、グエンチャイ大学の学生に多くの機会を与えるプログラムだ。

このステップの後、グエンチャイ大学の学生がシンガポールで勉強したり働いたりする機会が増えることを願っている。