韓国の博士がグエンチャイ大学の国際プロジェクト開発オフィスのディレクターに任命され

2019年5月10日の午前中に、グエンチャイ大学の取締役会長兼学長グエン・ティエン・ルアン博士はグエンチャイ大学の国際プロジェクト開発オフィスのディレクターを韓国のチョン・ハン・オ(오정한)法学博士に任命される決定に署名した。

この式に出席するメンバーは以下の通りである。

教授-科学博 チャン・ヴァン・ニュン 様 - 元文部省の副大臣・元教授タイトルに関する評議会の書記長

パク・サン・シク様–元在ベトナム韓国総領事館の領事長兼グエンチャイ大学の副学長

チョン・ハン・オー様は韓国の仁川国立大学の優秀な学生であり、ドイツの主要な大学であるゲッティンゲン大学で法律の博士号を取得した。彼は現在、韓国のソウルにインボン法律事務所のディレクターとして働いている。

これは、韓国とドイツの企業、非政府組織、大学との協力を促進するためのさらなる一歩であり、これにより、韓国と日本企業を始め、多国籍企業に質の高い人材を提供するグエンチャイ大学の教育環境は国際教育基準と段々つながる。

以前、グエンチャイ大学は、在ベトナム韓国総領事館の領事長のパク・サン・シク様に本大学の副学長に任命された。また、グエンチャイ大学はベトナムで最大の直接投資(FDI)を行う5000以上の事業会社を持つベトナム大韓商工会議所(KORCHAM)のメンバーになる雄一の大学になった。