NTUの学生は、一時的に大学を離れ、夢のシンガポール国へ行く

10月25日の午後、大学でシンガポールインターンシッププログラムを参加する学生の送別会が行われた。グエンチャイ大学の取締役会長兼学長グエン・ティエン・ルアン博士、各学部の担当者、教師、学生の保護者、学生さんがこの送別会に参加した。

国際クルーズグループのユニバーサルクルーズシップマネジメントの雇用主の非常に厳しい標準要件に厳密なインタビューを行った後、グエンチャイ大学の学生は、グループのメンバー、豪華な5つ星クルーズで実習できる。すべての外国語、専門分野、外観の条件を満たして、学生は10月17日からインターンシップが開始する。

ヨットの代表者は、「グエンチャイ大学の学生は非常に活発で知性的です。グエンチャイ大学がすべての採用期間において私たちの人材の源になることを願っています。なぜなら、グエンチャイ大学のような専門的でソフトなスキルを持つ学生がいる機関を探せるのが難しい。 」

このプログラムは、グエンチャイ大学の学生に、専門的、現代的、国際的な環境で、業界固有のインターンシップを体験する機会を提供する。プログラム終了後、学生は専門的スキルに加えて、コミュニケーション、プレゼンテーション、説得、特に外国語のソフトスキルを身につける。大学の初年度から毎月の収入1000万ドンを儲ける。これは、すべての学生にとって望ましい収入だ。グエンチャイ大学は、学習環境、国際的な経験、包括的な開発を学生に提供することに強く取り組んでいる。

送別会の後、学生は10月17日に公式にインターンシップを参加する。NTUの学生に1年間のシンガポールのインターンシップを引き続き応援してください。